歯科を利用して理想の歯をGET!|健康的で美しい歯へ

案内

使い分けることについて

子供

ホワイトニングの種類

審美歯科や歯医者さんなどの歯科医院がある病院でおこなうホワイトニングを、オフィスホワイトニングと一般的には呼びます。その名の通り、専門医による施術によって施される方法です。施術方法としては、綺麗に汚れを落とした歯に、専用の液(ジェル)を付着させ、その上からレーザーやライトを当てることで付着させたジェルなどを活性化させます。この時発生する、フリーラジカルと言う線分が、歯の表面の色素を分解し、透明にします。
透明度をドンドン上げていくことで白い歯を目指すのです。使用する機材や、薬品が専門的なものばかりなので、自宅ではできそうにありませんね。一方自宅で出来るホワイトニングをそのまま、ホームホワイトニングと言います。ホームホワイトニングは、低濃度に調節したホワイトニング剤を使います。オフィスの場合、歯医者さんなどの専門医による施術もありますから、即効性があります。しかし、このホームでは、自宅で自分でするため、本格的医療設備がないので効き目は遅いでしょう。さらに、このオフィスとホームを使い分けて行うのがデュアルといいます。オフィスにて、一気に歯を白くしたあと、ホームにてそれを持続させる方法です。使い分けることによって、審美歯科や歯医者さんなどでオフィスホワイトニング施術を受けた後に、ホワイトニングの効果を長持ちさせることにも繋がるのです。ホワイトニングの効果を出来るだけ長持ちさせたいという方は、一度オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの違いについて調べてみると良いでしょう。